大卒でパティシエになるには?

大学を卒業して今は別の仕事をしているけれど、パティシエになる夢が諦め切れない!という方もいらっしゃるかと思います。

 

お菓子に囲まれ、自分が作ったお菓子で笑顔になってくれる人々がいることを想像すると、早くパティシエになりたいと感じるのではないでしょうか。

 

ですが、一度別の仕事に就いてからパティシエになるということで、不安な面もあるかと思います。

 

大卒でパティシエになるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

大卒の場合にはまずは資格を!

パティシエになるためのルートには、以下のようなものがあります。

 

・直接店舗に就職して修行を積む
・専門学校に通って基礎から身につける
・資格を取得してからアルバイトとして働く

 

このような方法があるのですが、大卒の方の場合には、まずは資格を取得することがおすすめの方法となります。

 

どのような大学を出ていても、パティシエに必要になるお菓子作りの知識や技術というものは持ち合わせていない方がほとんどだと思います。

 

そのような状態で、転職活動を行うことはあまりお勧めできません。

 

一度会社で働いた事がある社会人というのは、その会社のやり方や妙な常識などが身についている場合が多く、製菓業界への転職活動がスムーズに進まないことがあるためです。

 

まずは、パティシエとしての基礎を学ぶためにも資格を取得し、就活の際に自分にお菓子作りの一定の知識と技術があることを証明できるようにしておく必要があります。

 

資格を取得してからバイトとして働くことも有りですし、もちろん未経験OKの店舗で修行を積むのも有りだと思います。

 

もう一度学校に通い直すということは経済的にも時間的にも大変な場合が多いと思いますので、まずは資格を取得してから、どのようなルートでパティシエを目指すのかを考える事が大切です。

 

資格を取得する際には受験資格を確認

パティシエの関連資格の一つに、「製菓衛生師」という資格があります。

 

この資格の場合、製菓衛生師の養成施設で学ぶ必要があったり、実務経験を積む必要があったりという受験資格があります。

 

このように、資格によっては学校に通う必要が出てくるものもありますので、社会人として働いている自分に可能なものなのかどうかを見極めることも大切です。

 

夢を実現させるためには、今の仕事をスッパリやめて、一からパティシエの勉強をするということも必要なのかもしれません。