「製菓専門学校」ではどんなことを学べる?

多くのパティシエが通る道

プロの職人であるパティシエには、見た目が美しく、食べて美味しいお菓子を作る技術が求められます。

 

パティシエのスキルと経験を積む1つの選択肢として、「製菓専門学校」を卒業後にお店で修行をするといった方法があります。

 

一般的なルート

パティシエになるルート

 

現在パティシエとして活躍する大半の方が、専門学校で基礎を学び、そこから店に入って修行・経験を積んでいるのが現状です。

 

一昔前は、中学校や高校を卒業して、すぐにパティスリー(お菓子屋・ケーキ屋)やレストランの製菓部門などに就職するのが主流でした。

 

しかし、昨今パティシエを目指す若者は増えており、お店側が即戦力として期待できる専門学校出身者を積極的に採用する傾向が強まっています。

 

つまり、未経験ではどこにも雇ってもらえないので、必然的に専門学校に通う必要があるのです。

 

「将来はパティシエになりたい!」と決めているなら、迷わず製菓専門学校へ進学することをおすすめします。

 

具体的にどんなことを学ぶ?

「実習」「講義」の2本立て

パティシエ(イラスト)

現在、洋菓子について学べる学校は全国に100近くありますが、その規模や学習内容はさまざまです。

 

共通して言えるのは、実践的な内容がメインとなる「実習」と、理論を体系的に学べる「講義」がカリキュラムの2本柱になっている点です。

 

主なカリキュラム

製菓実習

洋菓子の基本となるフランス菓子(パティスリー・コンフィズリーなど)をはじめ、多種多様な菓子作りの基本を学びます。

 

パティスリー

小麦粉を使ったケーキやクッキーの実習です。クリームを絞って飾るパイピング(チョコレートなどで書くメッセージや模様)などの練習もします。

 

コンフィズリー

キャラメルやキャンデー、ボンボン・ショコラなど砂糖菓子の実習です。専門店並みの豊富な種類のレシピを学べる学校もあります。

 

製菓理論

さまざまなお菓子の歴史・レシピの分析・材料や道具に関する知識・技術の裏付けとなる理論などを学びます。

 

食品衛生学

食中毒について、傷んだ食品の見分け方、保存法など、飲食業に必要な衛生知識を学びます。

 

店舗経営学

お店の管理・経営方法・パッケージからディスプレイ、ラッピング、販促などなど…実務的な内容を学びます。

 

栄養学

食品の中に含まれる栄養素が、体の中でどのように働き影響しているのか。食品に関する科学的な知識を学びます。

 

公衆衛生学

アレルギーに関する表示など、食品を提供するうえで知っておかなければならない衛生知識を学びます。

 

その他

教師による模範実技や、一流パティシエを招いてのデモンストレーション、学生が試作する創作研究などもおこなわれます。

 

他にも、学校が海外のパティスリー(お菓子屋・ケーキ屋)とつながりがあれば、海外研修できる機会もあります。

 

学校に通うメリットは?

一流の講師から技術や知識を学べる
有名店で研修できる機会もある
優良な就職先を斡旋してもらえる
製菓衛生師などの資格を取得できる
同じ夢を持つ仲間ができる

 

専門学校では、知識や技術を得られることはもちろん、在学中から一流店のパティシエと接する機会なども多いので、就職の心構えができるのも大きなメリットです。

 

例えば、実習を受けたパティシエのお店で働きたいと思ったら、就職課に相談をして企業訪問をするといったことも簡単にできちゃいます♪

 

主なスクール一覧

辻製菓専門学校

 

パティシエを目指す方なら、「辻製菓専門学校」の名は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

創立100年の歴史を持ち、講師はテレビや雑誌、国際舞台などで活躍する一流のパティシエが担当。

 

就職サポートも万全で、国内外の人気店や大手企業と提携し、すべての生徒が希望通りの職場につけるよう全力で支援してくれます。

 

また大阪・東京校以外にも、辻調グループ・フランス校があり、星付きレストランやパティスリー、ショコラトリーといった海外の有名店で研修や留学ができるのも魅力です♪

 

資料請求はこちらから

 

 

住所 大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-9-23
電話番号 0120-24-2418(東京・大阪共通)

 

日本菓子専門学校

 

1960年開校の歴史と伝統ある学校です。

 

2年制のカリキュラムで、1年次に洋菓子・和菓子・製パンの技術を学び、2年次で「洋菓子科」と「和菓子科」のどちらかを選択する形になります。

 

1グループ3人の実習スタイルにこだわっていて、「少人数制でしっかり学べるのでわかりやすい!」と評判です。

 

また、毎年500社を超える企業から求人募集があり、一人あたりに換算すると7〜8社、卒業生の就職率はほぼ100%を誇っています。

 

資料請求はこちらから

 

 

住所 東京都世田谷区上野毛2-24-21
電話番号 03-3700-2615

 

東京製菓学校

 

東京製菓の教育理念は、「菓子は人なり」。

 

人を感動させるお菓子は、心の豊かな職人の手で生み出されるという意味です。

 

カリキュラムは、より専門性を高めるために「洋菓子」「和菓子」「パン」と各分野ごとにコースを設定。

 

洋菓子を学べるコースは、「洋菓子本科(平日昼間部)」と「洋菓子専科(週3日夜間部)の2コースで、どちらも2年制になります。

 

とにかく実践重視の授業なので、深く掘り下げて技術を習得したいという人におすすめ♪

 

特に製菓実習は、トータル2,328時間と充実しており、フランス人客員教師や一流パティシエを招いての模範授業には定評があります。

 

資料請求はこちらから

 

 

住所 東京都新宿区高田馬場1-14-1
電話番号 0120-80-7172

 

織田製菓専門学校

 

織田製菓専門学校(製菓学科)には、洋菓子技術だけでなく経営の知識まで学べる「コンフェクション2年制コース」、短期間で製菓技術を学べる「コンフェクション1年制コース」、お菓子もパンも学べる「ベーカリー&スイーツコース」の3つのコースがあります。

 

実習では、現役バリバリのパティシエやパン職人がレクチャーしてくれるので、指導を受けた講師のお店に就職が決まるなんてもことも珍しくありません♪

 

また、校舎に併設されたケーキショップ「パティスリー・オダ」では、週一回、一般のお客さん向けに製造販売実習もおこなわれています。

 

毎回行列ができる人気店で、多くのメディアでも紹介され、地域の有名店としても賑わっている面白い学校です。

 

資料請求はこちらから

 

 

住所 東京都中野区中野5-15-6
電話番号 03-3228-2111

 

名古屋製菓専門学校

 

短い動画ですが、一度見てみてくださいね(*^^*)

 

学生は技術を磨くため、積極的に校外コンテストにも参加!2015年「技能五輪全国大会」で日本一を獲得、ブラジルでおこなわれた世界大会に出場し見事も銅メダルを受賞しています。

 

また、洋菓子界の第一人者・阿部忠ニ氏をはじめ、「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジェリー」(パンの世界大会)で日本代表監督を務めた成瀬正氏など、名店のオーナーやホテルのシェフといった日本屈指の講師陣が直接指導にあたっています。

 

コースは、「洋菓子科(2年)」「製菓衛生師科(1年)」「製菓衛生師科(1年)」の3つに分かれています。

 

資料請求はこちらから

 

 

住所 愛知県名古屋市中区新栄1−9−6
電話番号 0120-15-7241

 

 

必ず比較をすることが重要!

資料(画像)
スペースの都合上、一部学校のみを紹介しましたが、他にも全国各地に素晴らしい製菓専門学校はたくさんあります。

 

その中でも、自分に「合う」「合わない」学校が必ずあります!

 

まずは無料のパンフレットを取り寄せ、気になる学校には実際に足を運んでみることが大切です。

 

スクール選びで失敗しないための3箇条

複数の学校から資料を取り寄せる!
資料の中身を確認&比較する!
実際に足を運び授業を体験してみる!

 

資料には、カリキュラムの内容や費用卒業生の就職実績などはもちろん、第一線で活躍する有名パティシエのインタビュー記事パティシエになる方法お菓子のレシピなどが写真やイラスト付きで豊富に紹介されています。

 

無料とは思えないほどの情報量なので、雑誌を読む感覚で、パラパラと眺めてみるだけでも新しい気づきや発見があって楽しいですよ。

 

一括資料請求サイト「なるには」

なるにはサイト

なるにはロゴ
なるには」は、500校以上の専門学校&通信講座が掲載されているスクール専門サイト。全国各地の「製菓専門学校」を一覧比較&一括資料請求できるので大変便利です。まずは無料で気になる学校の資料を取り寄せて、それぞれの講座の特徴や強みなどを確かめてみましょう♪

 

詳細ボタン