パティシエ資格が人気の理由とは?

パティシエに資格はないけれど

パティシエは資格の名前ではなく職業の名前であり、「パティシエ資格」というものは存在しません。

 

しかし、パティシエになった人から支持されている資格はあります。

 

パティシエから支持されている資格は、以下のとおり。
・菓子製造技能士
・製菓衛生士

 

製菓学校でも、このふたつの資格を取得できるところが多いです。

 

本来、資格がなくてもなることができるパティシエが、どうしてこれらの資格を目指すのかについて考えてみましょう。

 

「資格」は技術と知識をあらわすもの

まず、「資格」をとることの一番のメリットは「一定の知識と技術があることを示すことができる」ということです。

 

資格は、どんなものであれ基準となる条件をクリアできなければもらうことはできません。

 

つまり、資格を持っているということはその条件をクリアしたということになります。

 

例えば、上で紹介している「製菓衛生士」の資格を取得するには、以下の条件が必要になります。

 

・製菓衛生師養成施設で一年学ぶ
・もしくは、2年をこえる実務経験を積むこと

 

このように、一定の条件もしくは知識をクリアしたという証拠がないと、資格はとることができません。

 

なので、資格を持っているということは「相手にこれだけの能力があるということを示す」ということにつながります。それが、資格をとることのメリットです。
実力があるということを示すことができれば、相手も雇いやすくなりますよね。「この人はこのくらいの能力を持っている」と、判断しやすくなります。

 

自分にとっても勉強になる

また、資格をとることで「自分にとってもすごく勉強になる」というメリットがあります。

 

例えば、「製菓衛生士」の資格であれば、取得のためには実践経験などの条件がありますし、以下の項目が試験に出るので、勉強は欠かせません。

 

・衛生法規
・公衆衛生学
・食品学
・食品衛生学
・栄養学
・製菓理論および実技

 

つまり、試験合格のためにはこれだけの勉強をしなければならないということになり、また勉強をすることで自然と製菓衛生のために必要な知識を得ることができる、というわけです。

 

こういった知識は、もちろん現場で生きてきます。

 

資格を取ることの意味には、このようにメリットがたくさんありますので、パティシエを目指す人はこれらの資格取得を目指してみることをおすすめします。