夜間制スクール|働きながらパティシエ資格を取得するには?

パティシエスクールには夜間学校もある

仕事をしながらパティシエを目指したい、そういう人のために「パティシエの夜間学校」があります。

 

「一度は就職をしたけれど、やっぱりパティシエの道を目指したい」と思ったとき、やはり昼間の学校では通いにくいことがありますよね。

 

そんな時は、夜間制のスクールにおでかけをされてみてはいかがでしょう。

 

ここで、オススメの夜間制のスクールをご紹介しましょう。

 

東京ベルエポック製菓調理専門学校

「働きながらパティシエになるための知識と技術を得たい」と考えている人にお勧めなのが、この「東京ベルエポック製菓調理専門学校」です。

 

この「東京ベルエポック製菓調理専門学校」では、なんと「昼間はパティシエ関係のアルバイトをしながら、夜はパティシエになるための勉強ができる」のがこの東京ベルエポック製菓調理専門学校。

 

学校がきちんとアルバイト先を紹介してくれるため、そこで働きながら夜はパティシエになるための授業を受けられるため、「働きながら学校に通いたい」というひとにはおすすめの学校。

 

紹介してもらえる仕事はもちろんパティシエ関連なので、働きながら現場で学べるのも嬉しいです♪

 

ひとつでもたくさんのことが学べるように、生徒のことを考えたアルバイト先を選んでくれているのもこの学校の特徴のひとつですね。

 

もちろん、もともと仕事を持っている人にとっても通いやすい学校です。

 

東京製菓学校

こちらも、学校が生徒にアルバイトを紹介してくれるというシステムをとっている学校です。

 

東京製菓学校では、「就職課」というところが生徒の要望を聞いた上でアルバイト先を紹介してくれるシステムをとっています。

 

なので、自分に合った環境で働くことができるというのが最大のメリット。

 

働きながらパティシエになるための勉強をしたいと考えている人に、ぴったりの環境ではないでしょうか。

 

学生で、アルバイト先を確保していないというひとに合う製菓学校になります。

 

札幌ベルエポック製菓調理専門学校

低学費で学ぶことができる制度を取り入れているのが、札幌ベルエポック製菓調理専門学校。

 

札幌ベルエポック製菓調理専門学校では、「社会人学費減免制度」を使うことにより、なんと69万円での通学を可能にしています。

 

専門学校に関しては、大体100万円以上の費用がかかることが当たり前ですので、それを考えればかなり安い金額で通うことができるというのがわかりますね。

 

夜間学校に通う人の場合、やはり学費を働きながらねん出したいと考える人が多いので、その場合はこの札幌ベルエポック製菓調理専門学校を選ぶことで、学費の支払いが楽になる可能性も。

 

また、アルバイトを紹介してくれる制度もありますので、学校とアルバイトの両立がしやすくなるというのも大きなポイントです。

 

このように、パティシエの養成学校では「アルバイトと学業を両立できるように配慮してくれている学校」がとても多いので、そういうところを選ぶことで勉強がしやすくなります。

 

自分にとってベストの環境を選んでみてください。