パティシエの適正は?

厳しいパティシエという職業

パティシエを目指す人は、もちろん「お菓子が大好きで、お菓子作りも大好き」というひとでしょう。

 

しかし、どんな仕事でもそうですが「好き」という気持ちだけで仕事を続けることはできません。

 

「好き」以外にも「向き不向き」があるのがパティシエです。

 

では、どういったひとがパティシエに向いているのでしょうか。

 

パティシエの適正について考えていきましょう。

 

とにかく根性!何が何でも夢を叶えたいという気持ちを持てること

パティシエになるための道のりは、本当に遠いもの。製菓学校をでたとしても、すぐにパティシエになることができるわけではありません。

 

まずは何年かの見習い期間があり、それを積んで初めてパティシエになることができます。

 

この期間を乗り越えられるかどうかが、パティシエになることができるかどうかを左右します。

 

見習い期間は、最初は掃除や洗い物などの雑用からはじまり、それから材料の準備など段階を踏んでいくことになりますが、最初はとにかくよく怒られます…。

 

なので、それについていくことができるひとじゃないと難しいかもしれません。

 

心が折れることがあっても、「いや頑張る!」と前を向いていくことができるような根性・強さが欲しいですね。

 

同じことの繰り返しが苦にならない人

また、同じことを繰り返しても苦にならない人であること。

 

パティシエというと、創作スイーツを作るというひとばかりを連想するかもしれませんが、大部分は「同じものを作る、それの繰り返し」です。

 

毎日お店に並べるケーキの味が、日によって違うなどということがあってはなりません。

 

だからこそ、毎日同じ分量で同じ手順でケーキを作れることが大切になるのです。

 

「毎日同じことができる人、それが苦にならない人」であることは、とっても大切なことですよね。

 

試行錯誤を楽しめる人

新製品の開発は、「あれをこうやって」といろいろなアイディアを練りこむことからはじまります。

 

失敗を繰り返しながら開発をしていくので、「試行錯誤が得意で、新しいものを生み出すことを楽しめる」ということは、重要な要素になりますね。

 

新作スイーツを作り上げるのは、失敗の積み重ねでもあります。

 

だからこそ、その失敗が苦にならないということが大切ですね。

 

そして、勉強が好きであること。

 

スイーツの世界はすぐに新しいものが出ますので、新作を研究して勉強をして、新しいものを吸収できることも重要です。

 

パティシエは、パティシエになってからも勉強の連続ですからね。

 

適正といえばこういったところでしょうか。

 

一番は「努力ができるかどうか」が大切な世界です。