中卒でパティシエになるには?

パティシエのお仕事に憧れるという方は多いと思います。

 

テレビやネットなどでも、美味しそうな可愛らしいお菓子を作る事が出来るパティシエの方を羨ましく感じる事もあるのではないでしょうか。

 

お菓子でお客様だけではなく家族も笑顔になってくれたら、とても素晴らしいことだと思います。

 

パティシエには年齢制限がないといいますが、中卒でパティシエになるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

年齢制限がないパティシエ・・・中卒でもなれる?

パティシエという仕事には、年齢制限はありません。

 

そのため、中卒であってもパティシエを目指すことは十分に可能です。

 

ただ、イメージとは異なり、立ちっぱなしの仕事やハードなスケジュールなどから、体力が重要視される仕事でもあります。

 

そのため、中卒ということでどうしても体力面に未熟さを感じ、採用を見送られてしまうこともあるかもしれません。

 

もちろん、センスややる気などがあれば、採用してくれることもあります。

 

成長段階にある身体で、どこまでついていくことが出来るかという点が問題となります。

 

中卒からパティシエになるルートは2つ

中卒からパティシエになりたいという場合には、ルートが2つあります。

 

1.中卒でも入学可能な専門学校に通い、就職する
2.未経験OKの店舗で修行を積む

 

この2つのルートがあるのですが、基礎から学びたい場合には中卒で入学が可能となっている専門学校を探す必要があります。

 

専門学校に通う間に体力をつけ、知識や技術も身につけておくことで、就職しやすくなる可能性があります。

 

中卒で入学できる専門学校というものが少ないと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、探してみると意外とあるものですので、一度調べてみてくださいね。

 

また、未経験OKの店舗で修行を積むというのも、一つの方法です。

 

中卒ということで、年齢的に体力面で厳しいと感じる店舗もありますが、自分のやる気をアピールすることで採用してもらえる可能性があります。

 

昔は中卒で店舗に入るという方もおられたのですが、最近では少ないようです。

 

どちらにせよ、パティシエになりたいという熱意と、なんとしても採用してもらうという根気が必要になります。