未経験からパティシエになるには?

パティシエは、自分の腕一つでお客様を笑顔にする事が出来る素晴らしい仕事です。

 

自分の家族に対しても、美味しいお菓子を作る事が出来ますし、センスや技術・知識は一生有効です。

 

パティシエになるために必須の資格などがないため、どなたでもパティシエとして働く事が出来ます。

 

ただ、資格を取得した方がパティシエとして知識や技術があることを証明できるため、おすすめです。

 

資格を取得するには受験資格を満たす必要があり、資格試験の中には実務経験を問われるものもあります。

 

実務経験と言っても、未経験の状態でパティシエになるなんて出来るの?!と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、未経験からパティシエになる方法について、ご説明していきたいと思います。

 

未経験OKの店舗で修行をさせてもらう

未経験OKの店舗というのは、あまり見かけないようなイメージがあるかもしれません。

 

ですが、探してみると未経験OKとしている店舗がいくつかあります。

 

そのようなところに問い合わせ、面接を行ってもらい、採用されれば未経験でもパティシエになることが出来ます。

 

もちろん初めのうちは基本的なことから指導を受け、年数をかけてお客様におだしするスイーツを作るという流れになります。

 

未経験OKの店舗で修行をさせてもらうことで、パティシエとして活躍するための準備を行う事が出来ます。

 

もちろん知識や経験などはあった方がいいですが、未経験の場合、そのお店のやり方などをスムーズに覚えていく事が出来るため、ある意味有利でもあるのです。

 

未経験OKという店舗の場合、経験がないことでその店舗のやり方をすんなり受け入れてくれるだろうという狙いもあるかもしれません。

 

2年経過したら資格取得にチャレンジ

中学を卒業していて、実務経験が2年以上あるという方の場合、製菓衛生師という国家資格を受験することが出来る様になります。

 

製菓においての高い知識と技術があることを証明すると同時に、食の安全についても知識があることを証明する資格です。

 

将来独立したいという夢がある方の場合には特に、こちらの資格にチャレンジされることをおすすめします。

 

修行は一つの店舗で行うのではなく、いくつかの店舗で行うようにすると、様々な技術や知識が身につきます。

 

焦らずゆっくり、パティシエの実力主義の世界から落ちないよう、努力していきたいですね。