パティシエの年収はどのくらい?

気になる!パティシエの年収

「パティシエになりたい」と考えたとき、やはり気になるのが「年収」です。

 

パティシエになったとして、どのくらいのお給料がもらえるのかは気になるところではありますよね。

 

確かにパティシエは魅力あるお仕事ではありますが、それだけでは食べていけない…と言うのも現実です。

 

パティシエとして就職した場合、どのくらいのお給料をもらえるのでしょうか。

 

平均年収は311万円

「年収ラボ」によれば、パティシエの年収は大体311万円(平成26年度調べ)。

 

同じく「年収ラボ」が発表している統計によれば、サラリーマンの役員からパートまでの平均年収が414万円(平成25年12月31日調べ)ですので、パティシエのお給料は平均年収より少ないと考えることができます。

 

地域によってはサラリーマンの平均年収が500万円を超えることもありますので、そういった地域だとさらに年収が低めになることになります。

 

さらに、最近は少しずつではありますがパティシエの年収が減少傾向にあると言われていて、ますます厳しい状況に置かれていると考えていいでしょう。

 

もちろん、独立してお店を持ち、雑誌に載るような人気のパティシエもいます。

 

しかし、そういったパティシエは本当に一握りであり、仕事の辛さから辞めていくひとがとても多い仕事でもありますので、厳しい世界であるということは目指すまえに意識しておきたいですね。

 

それでもみんながパティシエを目指す理由

しかし、こういった事情があったとしても「パティシエ」という仕事は相変わらず人気。

 

お給料が少なくても、仕事がとってもハードでも、「パティシエ」という仕事にはたくさんの夢と魅力があります。

 

自分が作ったスイーツが誰かを喜ばせること、幸せにすること。

 

そして、自分で新しい何かを生み出すことができる楽しさは、何にもかえがたい喜びです。

 

パティシエが一人前になり自分で作った商品がショーケースに並ぶまでには、とても長い時間がかかるでしょう。しかしその夢を叶えるために、多くのパティシエの卵が切磋琢磨しています。

 

厳しい業界ではあるけれど、何にも代えがたい魅力があることもまた、パティシエという仕事の真実です。