「食品衛生責任者」とは?

食品衛生責任者という資格を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

飲食店や食品製造メーカーなどに勤務されている方の場合、取得されることが多いようです。

 

また、飲食店などであれば手当が出るところもあるため、給料を少しでも上げるためにと資格を取得する方も多く見られます。

 

今回は、食品衛生責任者の資格について、ご説明していきたいと思います。

 

食品衛生責任者ってどんな資格?

食品衛生責任者とは、食品の製造や調理、加工、販売などを行っている人や企業に対して必要とされている資格です。

 

食品衛生管理者を置く必要がないとされている施設の場合でも、飲食店や特定の食品を製造している企業など、営業許可を受ける施設に配置するように、各都道府県が条例で定めています。

 

施設ごとに食品衛生責任者を選び、保健所に届け出る必要があります。

 

資格を取得するためには、養成講習を受講する必要があります。

 

この食品衛生責任者は、公的資格であり、以下の資格がある方は養成講習を受けずとも資格を取得出来ます。

 

・医師
・歯科医師
・薬剤師
・調理師
・製菓衛生師
・栄養士
・管理栄養士

 

など、このような資格がある方の場合となります。

 

もちろんこれらの他にも該当する資格がありますので、気になる方は調べてみてくださいね。

 

講習の受講資格は?

こちらの講習を受講するための受講資格というものは、特に定められていないようです。

 

ただ、都道府県によっては、受講者を制限しているというところも見られますので、事前に確認してみることが大切です。

 

受講内容は?

受講する内容については、衛生法規(2時間)・公衆衛生学(1時間)・食品衛生学(3時間)・修了考査となっています。

 

伝染病や疾病予防、施設基準、管理運営基準、食品の取扱、施設の衛生管理などを学びます。

 

合格する確率はほぼ100%とも言われていますので、興味がある方は受講してみるのもおすすめです。

 

パティシエとして、このような資格があると後々役に立つ事もあるのではないでしょうか。