高卒でパティシエになるには?

高卒でパティシエになりたいと考えている方もいらっしゃると思います。

 

美味しいお菓子を作って、たくさんの人の笑顔が見たいという夢があるのは素晴らしいことです。

 

ですが、高卒でパティシエになることは出来るのでしょうか。

 

出来るとすれば、具体的にはどのような方法があるのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

高卒からパティシエになるルート

高卒からパティシエになるためのルートとして、以下のようなものがあります。

 

・店舗に入り修行する
・専門学校に通う

 

高卒の方の場合、専門学校に通ったり短大や大学に通うという方法よりも、直接店舗で修行をするという方法がおすすめです。

 

ただ、この方法の場合には、一生パティシエとして生きていく覚悟が必要となります。

 

高卒で短大や大学に通ったりすると、お菓子の知識以外にもたくさんの知識を身につけることができます。

 

ですが、高卒でそのまま店舗に入り修行をすると、大学や短大で学ぶようなことは出来ません。

 

パティシエをやめて別の仕事がしたいと感じても、なかなか転職が難しいということになってしまうためです。

 

ただ、いきなり店舗で修行をするという方法には大きなメリットがあるのです。

 

それは、社会人とは異なり、余計な知識や変な常識などを知らない状態であることで、お店側もパティシエとしてのやり方や知識・技術などを指導しやすいということです。

 

もちろん高卒で修行をしに行った側からしても、無駄な知識や常識などは持っていない状態ですので、すんなり仕事を覚えることが出来ます。

 

そのような意味では、高卒の場合には直接店舗で修行をするという方法がおすすめとなります。

 

資格を取得せずに店舗で修行できるの?

パティシエの資格の中で、必須となっているものは今のところありません。

 

そのため店舗で働く際にも、資格があると有利とはなりますが、必須ではありません。

 

高卒の方の場合、その若さと純粋さ、真っ白さをアピールし、熱意を伝えることで採用してもらえる可能性が高まります。

 

少しパティシエとしての修行に慣れてきたら、受験資格を満たしている資格を取得するように努力することも大切かもしれません。

 

何にでも資格や学歴が必要なわけではありませんので、自分がやりたいことを追求してみてくださいね。