パティシエになるには|就職先のお店を選ぶポイントとは?

就職先選びは重要!

ケーキイラスト

パティシエになるには、製菓専門学校などで基本的な技術と知識を身につけた後に、街場のパティスリー(お菓子屋・ケーキ屋)で修行を積むのが一番確実な方法です。

 

特に、「将来は自分のお店を持ちたい!」という夢をお持ちであれば、レシピや仕入先など修行するお店から引き継ぐ場合も多いので、就職先選びはとても重要なポイント!

 

菓子に対する考え方や経営ノウハウは、お店によってそれぞれ特色があります。

 

思いつきや目先の条件だけで選んでしまうと、あとあと思わぬ失敗を招くこともありますので慎重に選ぶ必要があります。

 

お店選び3つのポイント

自分はどんなパティシエになりたいのか?
何のためにどんなスイーツをつくりたいのか?
そのために必要な技術や知識をどこで身につけるのか?

 

以上3点を自分なりによく考え、実際に紙に書き出すなどして頭の中を整理してみることをおすすめします。

 

何事も始めが肝心です。

 

将来の目標と理想のパティシエ像をしっかりイメージしたうえで、自分に合った就職先を選びましょう。

 

【主な就職先】
パティスリー(製菓店)・ホテル・レストラン・カフェ・ショコラトリー(チョコレート専門店)・コンフィチュール(ジャム)など

 

パティスリーの主な仕事

シェフ・パティシエ

すべての部門を統括する責任者。小さな個人店ではオーナーが兼務する場合が多いです。

 

生地担当

お菓子のベースとなる生地を作る部門。正確かつ高度な技術を求めれるため、経験者が担当する場合が多いです。

 

オーブン担当

生地を焼き上げる部門。気温や湿度によっても焼き加減が微妙に異なるため、経験とカンが求められます。

 

仕上げ担当

焼き上がった生地に、クリームやムースなどを使ってお菓子に飾り付けやパイピング(チョコレートなどで書くメッセージや模様)をおこなう部門。見た目の美しさを追求するセンスが必要です。

 

新人の仕事内容とは?

パティシエイラスト

お店に就職したら、次の目標は1日でも早く一人前になること!

 

しかし、必要な技術を習得するには最低でも5〜10年はかかると言われているパティシエ。

 

華やかなイメージとは裏腹に、体力・精神力・忍耐力が必要なとてもハードな仕事です。

 

長い雑用期間をおえ、ようやく菓子作りにたずさわれるようになっても、一部の工程を延々とスピーディーに、膨大な数をこなしていかなければいけません。

 

また閉店後も、次の日の分の仕込み・片付け・掃除といった雑務があり、「朝は早く、夜は遅い」仕事だということを覚悟しておきましょう。

 

入社から3年間の仕事例

1年目

洗い物・片付け・掃除などの雑用。

 

型や鉄板を準備したり、ケーキを並べたりの繰り返しです。

 

接客を学ぶために店頭販売もおこないます。

 

2年目

厨房に入ってオーブンの担当。生地の性質や温度を把握しながら、焼き上がり具合をチェックします。

 

「何度で何分」の世界ではなく、10人いれば10通りの焼き上がりがあり、焼き上がりの表情も毎回違います。

 

規模の小さな個人店では、1年目からオーブンを任されることもあります。

 

3年目

ようやく菓子の生地づくりや仕上げ業務などを担当できます。

 

厨房の動きが見えてきて、仕事の流れが一通り身につくまでに3〜5年。

 

自分の腕に自信が持てて、周囲からも一人前と認められるまでに10年はかかると覚悟しておきましょう。

 

主流は学校を出てパティスリーへ

大半が専門学校を卒業後に就職

一昔前までは、中学や高校を卒業してすぐにパティスリー(製菓店)やホテルに就職し、修行は先輩の技術を”見て覚える”のが一般的でした。

 

しかし、まったく予備知識がないままに現場に飛び込むので、夢と現実のギャップに悩んだり、周りのレベルについていくことができず、苦しくなって辞めてしまう人が多かったのも事実です。

 

そこで最近では、製菓専門学校で、菓子の基本的な知識や技術を一通り学んだうえで、お店で働くケースが圧倒的に増えています。

 

お店側もイチから職人を育てるよりも、基礎を身につけた学生を採用するほうが教育コストも下げられるというメリットがあり、お店の多くは”学校出身者”に絞って求人募集をかけています。

 

つまり、未経験ではどこも雇ってくれないので、必然的に製菓専門学校に通う必要があるのです。

 

将来パティシエになりたいと考えている方は、専門学校への進学も視野に入れて将来設計してみると、その先のビジョンもさらに広がっていきますよ♪

 

「製菓専門学校」ではどんなことを学べる?

 

おすすめの学校は?

なるにはサイト

なるにはロゴ
全国で評判の高い「製菓専門学校」を一覧比較&一括資料請求できるので便利です。無料で送られてくる資料には、講座の内容や料金以外にも、有名パティシエのインタビュー記事や仕事の詳しい内容などが豊富に紹介されているので、雑誌感覚でパラパラと眺めてみるだけでも楽しいですよ♪

 

詳細ボタン