パティシエのコンテストにはどんなものがある?

パティシエとして有名になることの一つのステップとして、コンテストに出場するという方法があります。

 

もちろん、優勝して有名になるだけではなく、日々の努力や自分の技術やセンスがどこまで通用するのかを確かめる機会にもなります。

 

コンテストの内容にはそれぞれ違いがありますが、パティシエとして名を高めるためや、独立開業する際などにもとても有効的となります。

 

今回は、国外と国内のコンテストについてご紹介していきたいと思います。

 

国外のコンテストにはどんなものがある?

まずは、国外のコンテストについてご紹介していきたいと思います。

 

国外のコンテストで優勝できれば、とても高い名誉を与えてもらう事が出来、将来にも役に立ちます。

 

海外でパティシエとして活躍していくことも夢ではないかもしれません。

 

そんな国外の代表的なコンテストには、以下のようなものがあります。

 

○ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ
○クープ・デュ・ドゥ・ラ・パティスリー
○モンディアル・デ・ザール・シュクレ

 

など、このようなコンテストが代表的なものとなっています。

 

ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップは、アメリカで行われているもので、クープ・デュ・ドゥ・ラ・パティスリーとモンディアル・デ・ザール・シュクレは、フランスで行われているものです。

 

国際的に有名なコンテストばかりですので、パティシエの名を高めていくためにはとても有効的なコンテストと言えます。

 

また、それだけに難易度がとても高く、少しの努力では優勝することは出来ないと言えます。

 

優勝できなかったとしても、自分自身の大きな成長が見込めるコンテストです。

 

国内のコンテストにはどんなものがある?

では、国内の場合はどのようなコンテストがあるのでしょうか。

 

国内で代表的となるコンテストは、トップ・オブ・パティシエというものです。

 

国内最難関とも言われているコンテストのため、まずは国内のコンテストに向けて技術やセンスを磨いていくことも大切です。

 

こちらのコンテストでは、多くの観客が見守る中で技術を競うものです。

 

東京で開催される「ジャパン・ケーキショー」内にて行われるコンテストで、1人のパティシエがそれぞれの作品を作る事になっています。