パティシエ|通信講座ではどんなことを学べる?

パティシエになるために知識や技術が欲しいけれど、学校には通えない・・・そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

金銭的な面や、時間の問題などで、思ったように学ぶ事が出来ないこともあると思います。

 

パティシエになるための方法の一つに、通信講座で知識や技術を身につけるという方法があります。

 

では、パティシエの通信講座では、どのようなことが学べるのでしょうか。

 

通信講座で学べることって?

パティシエを目指している方が通信講座を選ぶ際には、学べる内容はとても気になる部分だと思います。

 

自宅で学習するということで、知識や技術があまり身につかないのでは?と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

通信講座では、自宅で学習をすすめ、レポートを提出するという形で勉強していきます。

 

通信講座の中には、スクーリングがある講座も存在しています。

 

また、製菓衛生師の国家資格を取得するために必要となる受験資格を得ることが出来る学校もあります。

 

学ぶ内容は?

知識面では、社会や衛生法規、公衆衛生学、食品学、食品衛生額、栄養学、製菓理論などを学びます。

 

また、製菓実習を行うためにスクーリングを行う必要があります。

 

通信講座といっても通学の必要があるため、人によっては難しいかもしれません。

 

スクーリングは何をするの?

スクーリングでは、最新の設備を使用して洋菓子や和菓子などの技術を指導してもらうことが出来ます。

 

プロの講師の方に一人一人指導をしてもらうことが出来ますので、技術が身につきやすいと言えます。

 

また、ポイントや専門知識などもしっかりと教えていただく事が出来ますので、通信講座であっても満足出来る内容だと言えます。

 

スクーリングに通うことによって、同じパティシエを目指す仲間も出来ます。

 

スクーリングが終わってからも連絡を取り合うような仲間が出来れば、お互いに励まし合って成長していくことも出来ます。