「製菓衛生師試験」とは?

パティシエとなるために必須とされている資格は、今のところありません。

 

そのため、無資格の状態でパティシエとして就職し、修行を積んでいく事ができるようになっています。

 

ただ、就職の際には、自分がどの程度の技術や知識があるのかという事をアピールできるものがあった方が、有利となります。

 

そのために、パティシエと関連の深い資格を取得される方も多くおられます。

 

今回は、その中の一つである、製菓衛生師についてご説明していきたいと思います。

 

製菓衛生師は国家資格

パティシエは資格がなくとも出来る仕事となっていますが、実際にパティシエとして働いている方の多くが、こちらの資格を取得していらっしゃいます。

 

製菓衛生師は国家資格であり、お菓子作りの技術や知識はもちろんのこと、公衆衛生学や食品添加物について等、食の安全を高めるための資格です。

 

製菓衛生師の資格があれば、食品衛生責任者となることが可能ですので、将来独立したいという夢がある方は、ぜひ取得を目指していただけたらと思います。

 

受験資格はある?

こちらの資格は国家資格ということで、受験資格が気になる方もいらっしゃると思います。

 

受験資格は以下のとおりです。

 

・中学を卒業した者もしくは同等以上の学力を有すると認められる者かつ、知事が指定する製菓衛生師養成施設にて1年以上知識や技能を修得したもの
・中学を卒業した者もしくは同等以上の学力を有すると認められる者かつ、菓子製造業に従事した期間が2年以上となるもの

 

このようなことが受験資格となっています。

 

つまり、中卒以上であり、専門学校で知識や技術を身につけているか、店舗などで実務経験を積んでいるかということが必要になります。

 

誰でも受験できるわけではありませんので、受験資格を満たしているかどうかしっかりと確認してくださいね。

 

試験内容は?

では、試験内容はどのようなものになっているのでしょうか。

 

学科試験

・衛生法規
・公衆衛生学
・栄養学
・食品学
・食品衛生学
・製菓理論

 

実技試験

・和菓子分野・洋菓子分野・製パン分野の中から1分野を選択する

 

合格率は各都道府県によって異なるのですが、東京都の場合には70%程度とされており、国家資格の中では簡単な部類に入ります。