ユーキャン「スイーツコンシェルジュ講座」の特徴&評判&口コミ

辻口博啓氏が監修!

ユーキャンの「スイーツコンシェルジュ講座」を監修しているのは、日本のパティシエの権威とも言われる、辻口博啓氏。

 

彼がつくるスイーツは世界的に有名で、「彼の様なパティシエになりたい」と考える人も増えています。

 

ユーキャンの「スイーツコンシェルジュ講座」は、この辻口博啓氏が監修をしていることで有名。それだけでも、選ぶ価値がある資格です。

 

お菓子を通して、多様な食文化を伝える

スイーツコンシェルジュとは、一般社団法人日本スイーツ協会が主催する資格のこと。

 

いつも気軽に食べているスイーツですが、このスイーツの背景には食文化があり、それを知ることでスイーツの魅力や面白さをより多く学ぶことができます。

 

そんな食文化を提案することができるようになったら、とても素敵ですよね。

 

代表理事の辻口博啓氏は、日本のスイーツを「食文化」ととらえ、この素晴らしい日本の食文化を定着させたい、もっともっと広めていきたいと考えているそう。

 

そのために、日本のスイーツがいかに素晴らしくて、どんなに魅力的なのかをきちんと説明できる人材を増やそうとしています。

 

その基本となる「スイーツの知識」を学べるのが、このスイーツコンシェルジュ講座です。

 

スイーツコンシェルジュの講座をとったら、どうなるの?

まず、お菓子作りについて学ぶことができます。

 

材料にはどんな特徴があって、どんな風に使うのかを細かく学ぶことができますので、日々のお菓子作りがより濃いものになるはずですよ。

 

また、海外のスイーツについて学ぶこともありますので、今あるお菓子の背景について学ぶことができるというのも大きな特徴のひとつです。

 

こういった知識はパティシエとして独立しても活かすことができます。

 

スイーツコンシェルジュとなって協会に登録をすることで、自分で講座を開講することもできるようになりますので、できることの幅も自然と広がりますよね。

 

料金は、一括払いで39,000円。

 

スイーツについて学ぶことができるのはもちろんですが、あの辻口博啓氏が監修をおこなっているということから「学んでみたい」「知りたい」と考える人は多いはず。

 

スイーツについて、もっともっと知識を深めたいと考えている人にオススメの講座です。