パティシエとして独立開業するには?

パティシエとして働きたいと考えている方の中には、将来は独立したいという夢を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

お洒落なお店を建てて、自分が大好きなスイーツを並べていくというのは、やはり想像しただけでもとても素敵です。

 

ですが、独立開業と聞くとどうしても難しそうに聞こえるかもしれませんし、一部の方しか実現できないような感じがするかもしれません。

 

では、実際にパティシエとして独立開業するために、どうすればいいのでしょうか。

 

まずは経験を積み、技術やセンスを磨くこと

パティシエという仕事は、自分の技術やセンスのみで勝負をしていく仕事でもあります。

 

年齢なども特に関係なく、実力で勝ちあがっていく必要がある世界のため、他の方よりも優れた技術やセンスがあることが重要となります。

 

何も分からないままに資格だけ取得して、即独立しようという考えがある方は、やめておいたほうが良いとも言えます。

 

まずは色々な店舗で経験を積み、知識と技術を身につけておく必要があります。

 

実際に成功している方の場合、海外で修行を積んだという方もいらっしゃいますので、可能な限りどこまでも知識と技術とセンスの向上を目指すことが大切です。

 

いつ独立するのがいいの?

経験を積むとはいっても、いつ独立すればいいのか疑問に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

 

簡単に言えば、独立するタイミングは人それぞれです。

 

ただ、20代での独立となると、大きなお店を構えたいという場合には難しいかもしれません。

 

経営の知識なども身につけていなくてはなりませんし、人脈などが必要となる場合もあるためです。

 

ただ、小さなお店を開きたいという場合であれば、そこまで難しく考える必要はないとも言えます。

 

独立するのであれば、30代や40代になってから、十分に修行を終えて、経営などの知識も身につけた上で開業することがおすすめです。

 

あまり大きなお店じゃなくてもいいという方は、自宅のキッチンを改装するという手もあります。

 

独立するタイミングは少し難しい部分がありますが、夢を実現させるために、焦らずゆっくりと計画をたててみてくださいね。