パティシエの1日のスケジュール

パティシエとして働くことになったら、1日中お菓子を作り続けるのか・・・と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

極端な考えかもしれませんが、普段の生活からはあまり想像出来ないことなので、内容を知らない限りはイメージするのも難しいものです。

 

世間一般のパティシエは、一体どのようなスケジュールで働いているのでしょうか。

 

勤務場所は、ホテルやレストラン、専門店など様々な場所があり、それぞれでスケジュールが異なります。

 

今回は、とある専門店で勤務するパティシエの1日のスケジュールを見ていきたいと思います。

 

専門店で勤務するパティシエの1日は?

以下は、お菓子を作り販売も行っている専門店で勤務するパティシエの方の、1日のスケジュールです。

 

もちろん一例ですので、参考程度にご覧いただけたらと思います。

 

朝7時 出勤

出勤したら着替えを済ませ、材料の準備や調理具の準備などを行います。

 

朝7時30分 生地作り

まずは生地を作る事から始めます。

 

誕生日ケーキなどの予約がある場合には、予約時間に仕上がった状態で渡すために準備します。

 

予約がある時には、いつもよりも忙しくなるというのがパティシエのお仕事です。

 

朝8時 焼く

オーブンでお菓子を焼いていきます。

 

朝9時半 開店準備

10時オープンのお店の場合、この時間になると開店準備を行います。

 

ケーキを並べ、お店の掃除なども行います。

 

朝10時 開店

お店を開けて、接客スタッフとお客様の様子を伺いつつ、売れているものを補充します。

 

売れ行き次第では、追加で作る必要があるため、忙しく時間が過ぎていきます。

 

昼12時30分 昼食

お昼休憩を取ります。ご飯をしっかり食べて、午後に備えます。

 

決まった休憩時間がなく、お客様の流れが止まったときに交代で休憩となるお店もあります。

 

昼13時30分 補充

午前中と同じように、お菓子の売れ行きを見ながら追加で作っていきます。

 

夕方にはお客様がさらに増えてくるため、午後はさらに忙しくなります。

 

夕方5時 仕込み

翌日に予約が入っているかどうかを確認し、もしあれば仕込みを行います。

 

夜8時 片付け

この頃になると、追加でお菓子を作るということはありません。

 

この時間から清掃などを済ませるようにし、閉店に向けて準備します。

 

夜9時 閉店

掃除を終えたら、閉店です。

 

各自やることを終えたら、帰宅となります。