パティシエになるには.com|なる方法から資格取得まで!

パティシエになるには?

お菓子を通して、多くの人に”夢の世界”を提供できるパティシエ。

 

「大好きなことを仕事にしたい」
「作ったお菓子で笑顔になってもらいたい」
「いつかは独立して自分のお店を持ちたい」

 

そんな憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか。

 

パティシエイラスト

お菓子は時として「アート」と称されるように、味だけでなく見た目の美しさでも人を感動させてくれるものです。

 

しかし、ただ「お菓子が好き!」というだけではプロの職人としてやっていくことはできません。

 

見た目に美しく、味わって美味しいお菓子を作るためには、高度な技術・経験・専門知識を身につける必要があります。

 

なるための一般的なルート

パティシエになるためのルート

 

パティシエになるためには、特別な資格や条件は一切必要ありません。それよりも技術や経験が重視される世界です。

 

パティシエに必要な技術や知識を身につける方法は、大きく3つあります。

 

専門学校で学ぶ

専門学校イラスト

 

パティシエになる最もポピュラーな方法が、製菓専門学校でお菓子に関する基礎を学んで、卒業後にお店で経験を積むという道。

 

最新の設備と整った環境のもと、洋菓子に関する幅広い知識や技術を基礎から学べるメリットは大きいです。

 

業界に太いコネクションを持っていて、卒業後に人気の有名店や海外の三ツ星店などの就職先を斡旋してくれるケースもたくさんありますよ。

 

続きを読む(画像)

 

お店で経験を積む

ケーキ屋イラスト

 

街場の洋菓子店などで、働きながら実践的なスキルを身につける方法です。

 

一昔前までは、中学や高校を卒業後すぐに個人経営のパティスリー(菓子店)やホテルの製菓部門などに就職し、見習いから始めて先輩の技術を「見て覚える」やり方が主流でした。

 

しかし近年、お店側も未経験者をじっくりと育てる余裕がない場合も多く、即戦力として期待できる「製菓学校」出身者を積極的に歓迎する傾向が強くなっています。

 

続きを読む(画像)

 

海外のお店や学校で学ぶ

パリのケーキ屋イラスト

 

洋菓子発祥の地で、本場の技術をダイレクトに学べるので憧れを抱いている人も多いはず。

 

しかし、ある程度の語学力は必須です。

 

また海外のお店で働くためには、紹介が必要になるので、パティシエとしての実績や経験も求められます。

 

まずは、日本国内で修行を積んでから、パティシエ間の人脈を築き、そこから現地のお店を紹介してもらうのがよいでしょう。

 

続きを読む(画像)

 

主流は学校を出てパティスリーへ

パティシエイラスト

現在パティシエとして活躍する大半の方が、専門学校で基礎を学んでから、お店に入って修行・経験を積んでいます。

 

将来は製菓業界で働くと決めているなら、迷わず専門学校を選ぶことをおすすめします。

 

また、
「働きながらパティシエを目指したい!」
「子育てや家事で家をあけるのが難しい…」

 

など、どうしても昼間に学校に通うのが難しいという方は、夜間の学校を検討してみるのも1つです。

 

学校に通うメリットとは?

1、一流の講師から技術や知識を学べる

予備知識がない状態で現場へ飛び込むと、夢と現実のギャップに悩んだり、周りのレベルについていくことができず、途中で辞めてしまう人も少なくありません。

 

あらかじめ学校で基本を身につけておくと、仕事の飲み込みが早く、現場で対応するスピードも格段にあがります。

 

2、有名店で研修できる機会もある

有名店のシェフや一流ホテルのパティシエが、実技研修で最新の技術や情報をレクチャーしてくれる機会も多くあります。

 

また、学校が海外のパティスリー(菓子店)と繋がりを持っていれば、海外研修にいけるチャンスもあります。

 

3、就職活動がスムーズに進む

日本でも海外でも、修行に”値”するお店では、スキルも経験もない未経験者は雇ってもらえません。

 

学校は、技術や知識を習得する以外にも、「就職斡旋所」として機能していて、有名店や一流ホテルなどの募集はすべて学校経由でおこなわれています。

 

4、製菓衛生師などの資格が取得できる

学校に通うことで、製菓衛生士(国家資格)や菓子製造技能士などの開業する際に役立つ資格も取得できます。

 

5、同じ夢を持つ仲間ができる

将来、同じ業界で働くことになるかもしれない同級生、すでに業界で働いている先輩、卒業後も何かと相談に乗ってくれる先生たちと、ネットワークを築けることも大きな強みになります。

 

失敗しない!学校選びのポイント

パティシエイラスト

現在、洋菓子について学べる学校は全国に100近くありますが、規模や内容、学費などが異なります。

 

必ず以下のポイントを確認したうえで、本当に自分に合った学校を選ぶことが大切です。

 

理想のパティシエ像に合ったカリキュラムを提供している?
座学よりも実習多めのプログラムになっている?
卒業生の就職先・就職実績はどう?
卒業生のコンテスト受賞歴は豊富?
どんな教員がいて、どのような指導をしている?

 

必ず比較をすることが重要!

パティシエ資料

 

学校選びで失敗しないポイントは、必ず複数校から無料パンフレットを取り寄せ、比較をしてみることです。

 

パンフレットには、カリキュラムの内容や費用卒業生の就職実績などはもちろん、第一線で活躍する有名パティシエのインタビュー記事パティシエになる方法お菓子のレシピなどが写真やイラスト付きで豊富に掲載されています。

 

無料とは思えないほどの情報量なので、雑誌を読む感覚で、パラパラと眺めてみるだけでも新しい気づきや発見があって楽しいです。

 

また、気になる学校を見つけたら、体験授業や無料説明会に参加してみると、さらに具体的にイメージが湧いてくるのでおすすめですよ♪

 

一括資料請求サイト「なるには」

なるにはサイト

なるにはロゴ
なるには」は、500校以上の専門学校&通信講座が掲載されているスクール専門サイト。全国各地の「製菓専門学校」を一覧比較&一括資料請求できるので大変便利です。まずは無料で気になる学校の資料を取り寄せて、それぞれの講座の特徴や強みなどを確かめてみましょう♪

 

詳細ボタン

 

パティシエ関連の資格

先にも書いた通り、パティシエとして働くうえで特別な資格はいりませんが、取得しておくと開業する際などに役立つ国家資格を2つ紹介します。

 

製菓衛生師

開業に役立つ資格

勉強するパティシエ

菓子製造業にたずさわる人の「資質向上」「公衆衛生向上」を目的につくられた国家資格です。

 

各都道府県で毎年1回おこなわれる「製菓衛生師試験」に合格することで取れますが、医師や弁護士のように”その資格”がなければ仕事ができないというものではありません。

 

取得のメリットは、「製菓衛生師」の資格を取ると、お店を開業する際に必要な「食品衛生責任者」の資格が自動的に付与される点です。

 

試験内容
出題方式

マークシート方式(四肢択一・60問以上)

 

出題内容

@衛生法規A公衆衛生学B食品学C食品衛生学D栄養学E製菓理論および製菓実技

 

受験資格

@中卒以上で、厚生労働大臣の指定する製菓衛生師養成施設(製菓専門学校など)で1年以上学んだ人。

 

A中卒以上で、菓子製造業に2年以上従事した人。

 

菓子製造技能士

技術力をアピール

菓子製造の技術レベルを証明する国家検定です。

 

「洋菓子部門」「和菓子部門」に分かれていて、それぞれ1級・2級があります。

 

試験の難易度は高めなので、しっかり勉強しないと合格は難しいです。

 

試験内容
出題方式

【学科試験】マークシート方式(四肢択一・50問)
【実技試験】作業時間内に課題をこなす。

 

出題内容

@食品一般A菓子一般B関係法規C安全衛生など

 

受験資格

原則、2級は2年以上、1級は7年以上の実務経験が必要。

 

※「製菓専門学校」を卒業すると同時に受験資格を得られる場合があります。

 

資格よりも技術や経験を重視する業界

「製菓衛生師」「菓子製造技能士」ともに、菓子製造業に就いて一定期間働くか、製菓専門学校を卒業しないと取得できません。

 

どちらの資格も持ってておくと、自分でお店を持つ際などに”何かと役立つ”程度のもので、それ以上に技術や経験が重視される業界であることは間違いありません。

 

実際、資格がなくても活躍しているパティシエはたくさんいますよ。

 

これからパティシエを目指す方は、資格よりも、まずは自分の腕を磨くことを最優先に進路を考えてみてくださいね。

 

一括資料請求サイト「なるには」

なるにはサイト

なるにはロゴ
なるには」は、500校以上の専門学校&通信講座が掲載されているスクール専門サイト。全国各地の「製菓専門学校」を一覧比較&一括資料請求できるので大変便利です。まずは無料で気になる学校の資料を取り寄せて、それぞれの講座の特徴や強みなどを確かめてみましょう♪

 

詳細ボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

人が本当に素晴らしいお菓子に出会った時、そこには自然に感動が生まれてくるもの。そんなお菓子をつくるのが、「パティシエ」の仕事になります。時に可愛らしく、時に美しいお菓子をつくりあげるパティシエは、多くの人の憧れ。「ケーキを作る人になりたい」という夢を持っている子供は、今も昔もたくさんいます。そんな「パティシエ」になるにはどうしたらいいのでしょうか。パティシエには資格がありませんので、わりと多くのルートが存在します。@中卒や高卒で製菓店に入り、そこで修業を積んでパティシエになるA製菓専門学校などに入り、基礎を学んでから製菓店に就職をするB大学もしくは短大を卒業→就職C転職で製菓店に入り、そこからパティシエを目指すなどなど、どの方法でもパティシエになることは可能です。ただし、中卒だとどうしても就職できる店の数が少なくなってしまいますので、最低限高卒であることが望ましいです。その上で、さらに就職先の幅を広げるのであれば「製菓専門学校」などお菓子作りに特化した学校に行くと求人が集まりやすいです。製菓専門学校では「菓子製造技能士」「製菓衛生師」など、パティシエが持っておくと便利な資格を取得することもできますので、パティシエを目指す人の多くが専門学校へ進むようです。このように、パティシエはどんなルートでもなることが可能ですが、どんなルートでなったとしても最終的には「実力」がモノを言う世界です。どれだけ人を感動させるお菓子を作れるのか、どれだけあっと言わせるようなものを生み出せるのか、それが勝負になってきますので、パティシエはなってからも勉強をしていくことが要求されます。大切なのは「どんなルートでパティシエになったのか」ではなく「自分がどれだけ可能性を広げることができるか」になりますので、常に努力をすることと新しい情報を得る力を求められる世界だと考えておいたほうがいいでしょう。

更新履歴